【おすすめ】アイリスオーヤマの「スチーム」オーブントースター

この記事にはプロモーションが含まれています。

こんにちは、choppiです。

悩んでいる人
悩んでいる人
安くて、ある程度機能がしっかりしているトースターが欲しい!

あと、置く場所が狭いからコンパクトなサイズがいいな〜

 

アイリスオーヤマの「スチームオーブントースターBLSOT-011-B」は、そんな悩みを解決してくれるトースターです。

 

 

この記事を読み終えると、実際に1年間使用した人のリアルな使用感をチェックすることができます。
それでは早速、ご紹介していきます。

スポンサーリンク

 

スチームオーブントースターBLSOT-011-Bの「外観」

本体

ミラーガラス調なので、はっきり映るほど反射します。

庫内

↓受け皿を設置するとこんな感じです。

後ろ

スチームオーブントースターBLSOT-011-Bの「製品仕様」

概要

引用:楽天市場

商品サイズ 幅約約31cm×奥行約23.5cm×高さ約22cm
庫内サイズ 幅約約26cm×奥行約18cm×高さ約17.5cm
質量 約2.6kg
電源コードの長さ 約1m
電源 AC100V(50/60Hz)
消費電力(炊飯時) 1000W
ヒーター 石英管ヒーター×2(上下各1)
出力切り替え 420W(下ヒーター)、580W(上ヒーター)、1000W(上下ヒーター)
タイマー 15分(電源スイッチ兼用)
付属品 スチーム用カップ、受け皿

スチームの力で美味しいトーストを

引用:楽天市場

スチームで焼けるトースターに憧れはありませんか?

付属のスチーム用カップに水を張って一緒に入れるだけで、「外はカリっと、中はもっちり」の食感で焼き上げることができます。

食パンが2枚まとめて焼ける

引用:楽天市場

2人暮らしなら、2枚まとめて焼きたいですよね。

サイズは「幅約約31cm×奥行約23.5cm×高さ約22cm」とコンパクトですが、食パン2枚が入る大きさはあります。

3段階の火力調節、最大15分の焼き時間

引用:楽天市場

火力は420W・580W・1000Wの3段階で切り替え可能。(上下ヒーターは1000Wのみ)

焼き時間も15分まで選ぶことができます。

受け皿付き

引用:Amazon

油が落ちるような料理や、フライドポテトのような小さなものを焼く場合に便利です。

スライドオープンドア

引用:Amazon

ドアと一緒に網も前に出るので、奥まで取り出しやすい設計になっています。

スタイリッシュなデザイン

引用:楽天市場

カラーは「ブラック」と「ホワイト」の2色展開。(うちは「ブラック」を使っています。)

また、「ミラーガラス調」という使っていないときは中身が見えないスタイリッシュなデザインです。

 

以上がアイリスオーヤマの「スチームオーブントースターBLSOT-011-B」の主なスペックです。

ここからは実際に我が家でやっている使い方をご紹介していきます。

スチームオーブントースターBLSOT-011-Bの「使い方」

今回は、「食パン」を焼く場合の使い方を説明していきます。

①空焼き

初めて使用するときには「空焼き」が必要です。(製品加工のために使った油が残っている場合があり、それを焼き切るため。)

空焼きの手順は以下の通りです。

  1. 焼き網を固定しているバンドをはずし、受け皿とスチーム用カップだけ入れて扉を閉める
  2. ヒーター切り替えつまみで1000wを選ぶ
  3. タイマーつまみで5に合わせる(つまみは一度6以上に回して5まで戻して空焼きをスタートする)

注意点としては、煙が出て焦げ臭くなるので、換気をしながらやったほうがいいです。

空焼きが終わっても、中の「スチームカップ」と「受け皿」はもちろん熱いので、冷めるまでは触らないようにしましょう。

②スチームカップに水を入れる

スチームカップは2段構造になっており、トーストを焼くときは下の段にだけ水が入るようにいれます。

③タイマーを3に合わせる

水を入れたスチームカップを設置したら、3分(タイマーを3に合わせる)で焼いていきます。

焼いている間は水が沸騰してるようで、フツフツします。

使い方の動画

「①〜③の手順」を動画でもご紹介しているので、よろしければ併せてご覧ください。

(スチームで焼いたパンと、普通に焼いたパンで焼き上がりの比較もしています。)

スチームオーブントースターBLSOT-011-Bの「メリットとデメリット」

メリットとデメリットはそれぞれ以下のように感じました。

メリット

  • コンパクト
    1人暮らしや2人暮らしの家でも、置き場に困りません。重さも2.6kgとかなり軽いので、女性でも簡単に設置できます。
  • 食パンなら同時に2枚焼ける
    小さすぎると食パンが1枚しか焼けない場合もありますが、2枚は入る大きさなのは便利です。
  • スチーム機能でおいしくパンが焼ける
    スチームで焼くことによって表面はサクッと焼けて、中は水分が残ってふわっとします。
  • コスパがいい
    スチーム機能がついているのに、4000円台で買えるのはお買い得だなと思います。
  • 見た目がおしゃれ
    シンプルで、他のキッチン家電やインテリアにも馴染むデザインです。

デメリット

  • 高さのあるパンは焦げやすい
    庫内の高さがあまりないので、ヒーターが近すぎて「クロワッサン」のような高さのあるパンは焦げやすいです。(コンパクトなのでしょうがないですが...)
  • 料理として使うには小さい
    「料理のレパートリーが増える」と謳われていますが、薄べったいものに限ります。グラタンのようなものだと焦げてしまったり、そもそも容器が入らないです。
  • 網目がちょっと粗い
    お餅などの、焼いたら柔らかくなる食べ物は、網から落ちてしまって調理がしづらいです。
スポンサーリンク

 

まとめ

「パンをちょっとおいしく焼きたい」、「でも値段は抑えたい」、と思っている方にはぴったりなトースターだと思います。

反対に、「料理でもオーブントースターをたくさん使いたい!」という方には向いてません。

パンを焼いたり、フライドポテトなどのちょっとしたものを温めるくらいの用途に使うには文句なしのトースターです。

今回はアイリスオーヤマの「スチームオーブントースターBLSOT-011-B」をご紹介しました。

4000円台で購入できるので、まだトースターを持っていない方や、お手軽にスチームオーブントースターを手に入れたい方は、ぜひチェックしてみてください↓

以上、参考になれば嬉しいです!
ここまで読んでいただきありがとうございました。

また、「You Tube」「Instagram」など他のSNSでも情報発信しているので、よかったら覗いてみてください^_^

この記事がよかったらシェアしてもらえると嬉しいです↓