【体験談】年末年始の宮古島!大晦日とお正月の過ごし方

 

 

あけましておめでとうございます!
Rina(@Rina_wooooo)です。

 

みなさん、年末年始はいかがお過ごしでしょうか?

 

大晦日は大掃除をして、紅白歌合戦かガキ使を見て、元日には初日の出を見たり、初詣に行ったりしていることでしょう。

 

宮古島でもほぼ同じように過ごしますが、以下のポイントごとに宮古島の年末年始の過ごし方を紹介します。

 

  • 気温はどれくらいでどんな服装をしたらいいのか
  • お店はどれくらい営業しているのか
  • どこに初日の出を見に行くのか
  • どこに初詣をしに行くのか

 

年末年始の宮古島を2回体験し、実際にどんな過ごし方をしたのかをお伝えします。

 

年末年始に宮古島旅行を考えている方、移住を考えていて年末年始の過ごし方が気になる方必見です。

 

年末年始の気候

気象庁のデータによると、12月末~1月上旬は1年の中で一番寒い時期ですが、最高気温が20℃くらい、最低気温が16℃くらいであります。

 

東京と比べるとかなり暖かい気候ですね。

 

とはいえ南国気分でTシャツ短パンだけで過ごそうとすると風邪をひきます。

 

朝晩は冷えますし、雨の日や風が強いは日中でも思いのほか寒いので羽織るものは必要です。

 

もこもこのダウンジャケットやマフラーは不要ですが、薄手のコートやジャケットは持って行きましょう。

 

旅行で来る場合、寒暖差が激しいので体調管理に注意してください。

 

 

お店の営業状況

田舎だしどこもやってないんじゃ、、、と思うかもしれませんが意外と営業しているお店は多いです。

 

自営業の店舗はだいたい三が日は休業していますが、コンビニやスーパー、レストランなどのチェーン店は1日から営業しています。

 

なので住んでいる場合は年末までに慌てて必要なものを買いだめる必要はありませんし、商品もいつものように揃っているので安心です。

 

注意したいのはガソリンスタンド。
1日は定休だったり、三が日は営業時間が短かったりします。

 

車社会の土地なので、年末でガソリンがカツカツだったら入れられるタイミングでガソリンスタンドに行っておいた方がいいでしょう。

 

初日の出スポット

朝日が綺麗に見られる場所といえば東平安名崎(ひがしへんなざき)です。

 

宮古島の一番東に位置するため、何も遮るものがなく周りは見渡す限りの海となっています。

 

この日はあいにくの天気で、タイミングも少し遅かったのであまり綺麗に見れなかったのですがこんな感じです。

 

ちなみに晴れた日の日中はこんな感じで、遊歩道があるので軽いお散歩もできます。

 

宮古島の冬は天候が優れないことが多いので、初日の出を見れる確率は内地より少し低いかもしれませんが、晴れていれば是非足を運んでほしいです。

 

初詣スポット

宮古島で初詣に行くなら「宮古神社」です。

 

パワースポットとしても有名ですが、初詣にはこぞってみんな「宮古神社」へ参拝に行きます。

 

1月1日の15:00頃に行きましたが、参拝をするのにこの通り長蛇の列で、20分ほど並びました。

 

ただ、写真に写っている人を見ても分かる通り、厚手の服を着ている人はいません。

 

カイロを持って凍えることもないので、内地の初詣の行列よりは快適に過ごせます。

 

 

 

屋台も並んでおり、宮古そばやたこ焼き、アメリカンドック、流行りのチーズドッグやタピオカなども売っており、種類豊富で楽しめました。

 

列の途中に手を清める場所があります。

 

本殿がこちらです。

 

参拝をした後はお守りやおみくじが買えるスペースが続いています。

 

お正月の宮古神社のおみくじは7割が大吉と言われており、逆に大吉じゃないときショックですが、私は大吉が引けました。

 

宮古神社のすぐ近く(階段を下って行ったところ)に漲水御嶽(はりみずうたき)という神聖なパワースポットもあります。

 

御嶽というものは本来、観光客が気軽に出入りしてはいけない場所ですが、こちらの宮古島の漲水御嶽は誰でも参拝できる場所で文化財となっています。

 

宮古神社の目と鼻の先にあるので、ついでに行ってみることをおすすめします。

 

 

その他

沖縄の正装に「琉装」というものがあり、お正月に着ることがあります。

 

鮮やかな着物で、髪型に特徴があります。

 

お正月でなくても琉装をレンタルできるところがたくさんあるので、気になる方はチェックしてみてください。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

正直これといって特別なものはありませんし、風習はあるかもしれませんが観光客や移住者は特になにもしません。

 

ただ、たまには気分を変えて暖かい宮古島で年を越すのもありだと思います。

 

リゾートホテルに泊まれば、年末の年越しそばや元旦に朝食でお雑煮やおせち料理が食べられますし、花火などのカウントダウンイベントをやっている場所もあります。

 

興味がある方は是非お正月の宮古島を体験してみてください。

 

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!
下のボタンからシェア、Twitterのフォロー、コメントしてもらえたら嬉しいです☺

 

 

 

宮古島を観光するなら、レンタカーを借りるのがおすすめ!
バスは本数も停留所も少ないので観光には向いていません。
車が一番効率的だし、タクシーよりかなり安く済みます。
全国のレンタカー30社比較・予約!1日2000円の最安値!スカイチケットレンタカー

I'm happy if you share with your friends !

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です