【伊良部島の観光まとめ】人気スポットから穴場までを徹底紹介!

 

 

こんにちは、Rina(@Rina_wooooo)です。

 

みなさんは”伊良部島(いらぶじま)”を知っていますか?

 

 

宮古島には大橋で繋がる島が3つありますが、その中で一番面積が大きい島が伊良部島です。

 

宮古空港から伊良部大橋を渡りきるまで車で約15分ほど。
(伊良部大橋を渡った先の交差点に「宮古島まもる君がいます。」)

 

 

宮古島は海やカフェ以外の観光地が少ないのですが、伊良部島は比較的たくさん観光地が詰まっています。

 

そこで今回の記事は、宮古島に来たら絶対行ってほしい「伊良部島」の観光地まとめ!

 

定番の人気スポットに加え、宮古島住民だからこそ知っている、ガイドブックには載らない穴場の観光スポットも紹介します。

 

宮古島に旅行に行く方、伊良部島について知りたい方は必見です。

 

伊良部島の人気観光スポット

 

まずは、定番の人気観光スポットを紹介します。

 

中の島ビーチ

住所:〒906-0504 沖縄県宮古島市伊良部仲地
マリングッズレンタル:なし
シャワー&トイレ:なし
駐車場:あり(無料)
自動販売機:なし

 

伊良部大橋が開通してからたくさんの人が訪れるようになりました。

 

そこまで広くないビーチですが、シーズン中に行くとかなり人がいて混雑するので注意。

 

熱帯魚もいますし、少し奥まで泳ぐと深く潜れるようになっています。
水面近くで魚を見るより、とにかく潜りたいという方におすすめです。

 

渡口の浜

住所:〒906-0503 沖縄県宮古島市伊良部伊良部1352-16
マリングッズレンタル:あり
シャワー&トイレ:あり(シャワーは有料)
駐車場:あり(無料)
自動販売機:あり

 

さらさらの白い砂浜長さが特徴のビーチです。

 

マリングッズやシャワーもあり、観光地化されていますが、サンゴがないので魚はあまりいません。

 

トータルの特徴が「前浜ビーチ」とかなり似ています。

 

17END

住所:〒906-0507 沖縄県宮古島市 伊良部字佐和田1739
マリングッズレンタル:なし
シャワー&トイレ:なし
駐車場:なし(路駐)
自動販売機:なし

 

伊良部島と繋がる下地島にあるビーチで、透明度の高い海水です。

 

 

遠浅で泳ぎやすいですが、サンゴがないので魚はいなく、シュノーケルをするというよりは眺めるのが目的で来る人が多いスポットです。

 

2019年3月から車両通行止めになり、17ENDの目の前には車を停められません。

 

行き方については、「PINOOBLOG(ぴのおぶろぐ)」さんの
【17END(17エンド】由来・住所・行き方・注意点を写真付きで紹介をご覧ください。

 

また、ビーチまで出るにはテトラポッドを下っていかなければならず、子供が遊ぶには少し不向きなビーチです。

 

また、17ENDの海ポチャ(太陽が海に沈むこと)はとても綺麗です。
よろしければ以下の動画でその様子をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

牧山展望台

 

伊良部大橋の方角を向く鳥のデザインが特徴の展望台です。

 

 

目の前に海、伊良部大橋、その先の宮古島本島が見渡せますが、風が強いので少しだけ注意。

 

 

 

 

伊良部の展望台といえば「フナウサギバナタ」という場所もありますが、2019年の大型台風と老朽化が原因でこの特徴的な鳥のオブジェはなくなってしまいました。

 

展望台自体は残っており、この後紹介する「三角点」の近くにあるので、興味がある方は行ってみてください。

 

通り池

 

国の名勝及び天然記念物に指定されている、大小2つの円形の池です。

 

いくつかの伝説が残っていたり、神秘的で珍しい場所なので毎年多くの観光客が訪れる超人気観光スポットとなっています。

 

また、潮の干満で水深が変化し、「サーモクライン」という水温の違う水が接してできる境界面によって水の色が変化することもあり、スキューバダイビングの聖地にもなっています。

 

池の先には遊歩道が続いており、そこからの海を見渡せる景色もきれいです。

 

伊良部島の穴場観光スポット

 

ここからは、ガイドブックに載らない穴場の観光スポットを紹介していきます。

 

三角点

 

ガイドブックにはほとんど載っていませんが、地元では有名な絶景スポットです。

 

Googleマップで「三角点」と入れれば出てきますが、入り口が少し分かりづらいです。

 

 

目印はこの「BIKE」という文字で、道路の真ん中に青いチョークのようなもので記されています。

 

この「BIKE」のすぐ横の茂みの中を歩いていくと絶壁があり、そこが絶景スポットです。

 

 

足を滑らせたら終わりなのではしゃぎすぎに気を付けてください。

 

運が良ければ上からウミガメが泳いでいるのが見えます。

 

【行き方】宮古島の絶景!三角点とイグアナ岩を解説【動画あり】

 

ヌドクビアブ

 

宮古島市指定の史跡で、宮古島屈指のパワースポットとしても有名です。

 

場所が分かりづらいので以下で簡単に行き方を解説します。

 

 

まず、Googleマップで「ヌドクビアブ」と検索すれば上の写真の場所にたどり着きます。
(伊良部大橋を渡ってから3分ほどですが、道中は道が悪く、駐車場はありません。)

 

 

この畑と茂みの間の細い道を進んで行きます。

 

結構足元は滑るので、特に雨の日や雨が降った後は気を付けましょう。

 

しばらく進んで行くと階段が出てきて、そこを下ると「ヌドクビアブ」が現れます。

 

 

鍾乳洞になっており、神秘的な雰囲気が漂っています。

 

【解説】ヌドクビアブへの行き方!宮古島屈指のパワースポット

 

ハッピー防空壕

 

ハッピー防空壕は、先ほど紹介した「牧山展望台」のすぐ近くにあります。

 

行き方などの詳細は下記の記事で詳しく紹介しています。

【ハッピー防空壕】場所と行き方解説!宮古島の穴場観光スポット

 

まとめ・マップ

気になる観光スポットはありましたか?

 

個人的には海なら「中の島ビーチ」絶景なら「三角点」がおすすめです。

 

宮古島に来るなら、ぜひ伊良部島にも足を運んでみてください。

 

 

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!
下のボタンからシェア、Twitterのフォロー、コメントしてもらえたら嬉しいです☺

 

 

 

宮古島を観光するなら、レンタカーを借りるのがおすすめ!
バスは本数も停留所も少ないので観光には向いていません。
車が一番効率的だし、タクシーよりかなり安く済みます。
全国のレンタカー30社比較・予約!1日2000円の最安値!スカイチケットレンタカー

 

 

I'm happy if you share with your friends !

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です