【解説】ヌドクビアブへの行き方!宮古島屈指のパワースポット

 

 

こんにちは、Rina(@Rina_wooooo)です。

 

宮古島のには観光スポットがたくさんありますが、定番スポットには行きつくしてしまった方むけに「ハッピー防空壕」という穴場観光スポットについて紹介しました。

 

 

 

 

こちらの記事が好評なので、今回は同じく伊良部島にある穴場且つパワースポットである「ヌドクビアブ」について紹介します。

 

行き方、魅力、注意点をまとめたので、「ヌドクビアブ」に興味がある方はぜひご覧ください。

 

ヌドクビアブとは

宮古島市指定の史跡です。詳細はこちら。

 

深さは22mほどで、戦時中に日本軍が使用していた跡があるそうです。

 

また、地元では宮古島屈指のパワースポットとしても有名な場所です。

 

ヌドクビアブへのアクセス

動画で解説しているので、よろしければまずはこちらをご覧ください。

入り口までの道順

 

宮古空港から車で約20分、伊良部大橋を渡ってから5分ほどの場所にあります。

 

 

伊良部大橋を渡るとすぐのところに宮古島まもる君がいますが、そこを左に曲がります。

 

2020年現在、Googleマップで検索して出てきた道順に車を走らせれば到着します。

 

※ただし、荒れ地且つ狭い道も通るのでゆっくり走行しましょう。

 

入り口からヌドクビアブまでの道順

 

 

周りは畑で、もちろん駐車場もありません。

 

ヌドクビアブの看板が入り口の目印で、この畑と木々の間の道を進んで行きます。

 

さらに進んで行くとこのように、かろうじて歩けるような道をひたすら真っ直ぐに進みます。

 

※雨の日や雨が降った後はかなり滑るので注意。

 

 

2、3分歩くと下りの階段が出てきて、これを下ると「ヌドクビアブ」です。

 

階段もかなり急なので気をつけながらゆっくり降りていきましょう。

 

ヌドクビアブに到着

階段を降りると、なんとも神秘的な世界が広がっています。

 

 

洞窟のようになっていて、上を見上げるとさらにパワーがもらえるような感じがします。

 

また、木に囲まれているため夏でも涼しいです。

 

ヌドクビアブの注意点

 

  • 行くまでの道が荒れ地

⇒安全運転必須。また、自家用車であれば洗車する前に行った方がいいでしょう。

  • 足元が滑る、階段が急

⇒雨の日は避け、できればスニーカーで行きましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

定番の観光地や海もいいですが、長期滞在の方は特に気分を変えてパワースポットめぐりをしてみてはいかがでしょうか。

 

冬の宮古島観光にもおすすめです!

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!
下のボタンからシェア、Twitterのフォロー、コメントしてもらえたら嬉しいです☺

 

 

 

I'm happy if you share with your friends !

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です